ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 横倉氏「会長交代のロスを排除、継続的に国難にあたるのが使命」

横倉氏「会長交代のロスを排除、継続的に国難にあたるのが使命」

レポート 2020年6月10日 (水)  橋本佳子(m3.com編集長)

日本医師会会長の横倉義武は6月10日、5期目を目指して、副会長の推薦候補である愛知県医師会会長の柵木充明氏、現職副会長である今村聡氏、大阪府医師会会長の茂松茂人氏の3人と都内で会見、「ここで会長が代わるというロスを排除し、継続的に国難にあたることが、何よりも現在の日医会長としての私の使命だと考え、会長選挙に出る決意をした次第だ」と決意を新たにした。新たな「チーム横倉」で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で大変な状況にある日本の医療を守っていきたいと、新体制で5期目を目指す意志を表明。 5期目を目指す横倉義武氏 いったんは勇退を決めたものの、5期目を目指す理由について、横倉氏は「いろいろと揺れ動く中で、最終的に出馬を決めた」と明かした。勇退の意向が明らかになった後、「医療関係団体をはじめ、多くの方から『まだ我々を見捨ててもらっては困る』『国民を見捨てるのか』など、非常に強い叱責を受けた」。ただ、それ以上に、「この時期だからこそ、継続的に事にあたる責務があると確信した」ことが、出馬を固めた一番の理由だという。 5期目に臨むにあたって、▽新型コロナウイルス感染症(COVID-19...