ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 中川氏、19の都道府県医師会会長・副会長を集め出陣式

中川氏、19の都道府県医師会会長・副会長を集め出陣式

レポート 2020年6月14日 (日)  橋本佳子(m3.com編集長)

日本医師会会長選挙に出馬表明した日医副会長の中川俊男氏は6月14日、支援者らを集め、都内で出陣式を開いた。19の都道府県医師会長・副会長ら、参加者は105人に上った。 中川氏は、3代の会長の下で、日医執行部を務めた14年間の経験を基に、日医会長選に臨むと決意表明。対抗馬となる日医会長の横倉義武氏との比較で、政治家や官僚との付き合いが挙げられる中、「横倉会長からは、政治家の皆様や官僚たちへのきめ細やかな気配りと交渉術の巧みさを教わった」と評価。 その上で、「私は日医副会長として、会長の盾となり嫌われ役を果たしてきた。誰かがやらなければならない役割だった。その役割を通じ、皆さんの協力と支援のおかげで、地道に、粘り強く、ぶれずに、あきらめずに、公平無私の務めを貫くことができた」と自己を振り返り、「国民の命と健康を守るためならどんな圧力にも屈することはない。今こそ自分の出番だと強く思う」と強い決意を表明した。 日医会長選挙に向けて決意表明する、中川俊男氏。 選対本部長で、北海道医師会会長の長瀬清氏は、キャビネット(副会長、常任理事の推薦候補)に、全日本病院協会会長の猪口雄二氏を加えたことで、診...