ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 地域医療構想、新型コロナ勘案で検討も

地域医療構想、新型コロナ勘案で検討も

レポート 2020年8月25日 (火)  水谷悠(m3.com編集部)

社会保障審議会医療部会(部会長:永井良三・自治医科大学学長)は8月24日に5カ月ぶりに開催され、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の地域医療への影響や諸課題について議論し、委員からはCOVID-19を勘案した上で地域医療構想を再検討する必要性についての指摘が多数あった。厚生労働省は医療計画の見直しに関する検討会や地域医療構想に関するワーキンググループ、医師の働き方改革の推進に関する検討会など関連する諸会議で議論していく方針を示した。 厚労省が示したCOVID-19の地域医療への影響や課題は次の通り。 【行政の課題 】 局所的な病床数の不足の発生 感染症対応も含めた医療機関間の役割分担・連携体制の構築 マスク等の感染防護具、人工呼吸器等の医療用物資の確保・備蓄など 【医療現場の課題】 患者の医療機関への受診控え 局所的な病床数の不足の発生 特定の診療科における医師不足、看護師等の不足の発生など 日本精神科病院協会会長の山崎学氏は「地域医療構想の中で、こんな大規模な感染症発生を考えていなかった。感染症機能を含めた地域医療構想をつくっていかないといけない」と指摘。働き方改革について...