ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 新型コロナワクチン、開業医約4割が「集団・個別ともに協力する」

新型コロナワクチン、開業医約4割が「集団・個別ともに協力する」

レポート 2021年3月7日 (日)  佐藤真希(m3.com編集部)

医師への協力要請が始まっている新型コロナウイルスのワクチン接種。m3.com会員の開業医に尋ねたところ、地元の自治体・医師会から要請があった場合、73.8%が「協力する」」と回答した。 Q新型コロナウイルスワクチンの接種について、地元の自治体・医師会から要請があった場合に協力する予定はありますか?(既に参加要請があり、回答済みの方は回答内容をお答えください) 協力すると回答した開業医は73.8%。内訳は「集団接種・個別接種両方に協力する」が36.9%でもっとも多く、次いで「自院での個別接種のみ協力する」が19.8%、「集団接種のみ協力する」が17.1%となった。「協力しない」は11.7%にとどまった。 Q ワクチン接種に協力するにあたり、不安な点等はありますか。(複数回答) 「通常業務への影響」、「予診結果による接種可否の判断」など、様々な点について不安の声が寄せられた。また自由回答では「かかりつけ医での接種を厚労省は勧めているようだが、既に小児のワクチン接種を普段の時間を延長して行なっており、これ以上ワクチン接種に時間は割けない」「経費を払って頂けるなら積極的に協力する」などの意見が...