ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 世代の違うあっと驚く新人研修医、どう迎える?

世代の違うあっと驚く新人研修医、どう迎える?

オピニオン 2021年3月31日 (水)  志賀隆(国際医療福祉大学教授/同大学病院救急医療部部長)

早いもので2020年度も終わり、4月には新人の研修医が各施設にやって来ます。今回は新人さん達をどのように迎えるべきか、オリエンテーションについて考えてみたいと思います。 懇親会はオンラインで 「志賀先生、〇〇病院は4月の1カ月間ずっとオリエンテーションをやってくれて、夜は新人同士で懇親の機会が何度もあるとのことです。どうして当院のオリエンテーション期間は短いのですか?」 前任の病院で研修委員長を務めていた2014年、こんなことを新人研修医に聞かれたことがあります。当院ではオリエンテーションが2日半だけだったので、「もう少し丁寧に説明してほしい」という思いや、あわよくば「しばらくは緩めの生活を楽しみたい」という願望もあったかもしれません。 世代の違いなのか、たまにあっと驚くような研修医の先生に出会うことがあります。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染を防ぐためにも、会食は我慢していただかなくてはいけないので、「せっかく入職して頑張ろうというときに、同期の研修医・専攻医でクラスターというのはとても残念です。懇親を深める場合には、オンライン懇親会でお願いします」と丁寧に伝えなく...