ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 「知事と県医師会長の即断」が窮地を救う - COVID-19座談会(福井編)◆Vol.2

「知事と県医師会長の即断」が窮地を救う - COVID-19座談会(福井編)◆Vol.2

スペシャル企画 2021年4月11日 (日)  司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)

【COVID-19対応の現在・過去・未来(福井編)】 【出席者】(Vol.1の発言順) 池端幸彦氏(福井県医師会長) 岩崎博道氏(福井大学医学部附属病院感染制御部・感染症膠原病内科教授) 東裕之氏(福井県立病院救命救急センター医師、福井県災害医療コーディネーター) 池上栄志氏(福井県健康福祉部副部長〔地域医療〕)   ――4月9日の2回目の病院長会議は、どんな状況だったのでしょうか。 池端:杉本(達治)知事が急に「私も出席します」と言って、1時間以上、現場の話を聞かれていました。 池上:再度集まった時には、「うちは5床確保する」など、先生方がそれぞれなにがしかの“お土産”を持ってきてくださった。 池端:本当に3日間のうちに、あっという間に変わりました。それで「県医師会としても、何かしなければいけない」と思い、その場で「PCR検査センターは、医師会が引き受けます」と発言してしまったのです。実は県医師会では事前に誰にも何の相談もしてなかったのですが……。 岩崎:そうだったんですか、知りませんでした。 東:池端会長があそこで言ってくれたおかげで、「じゃあ県...