ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 大阪、医療者のワクチン接種、いまだ3割に届かず

大阪、医療者のワクチン接種、いまだ3割に届かず

レポート 2021年4月21日 (水)  高橋直純(m3.com編集部)

 大阪府医師会の茂松茂人会長は4月21日、日本記者クラブ主催のオンライン記者会見で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が急速に拡大している大阪府内の状況を説明、「5月の連休を見据えると重症者が400人を超えてくる」として、府内の医療機関が一丸となって病床確保に取り組んでいると話した。高齢者への優先接種が始まったワクチンについては、府内31万人の医療従事者が接種を希望しているにもかかわらず、既接種者が「10万人にはいっていない」として、早期の接種を求めた。中長期的な医療提供体制については「感染症は政策医療であり、公立・公的病院に財源をつけていくことが重要。地域医療構想で議論していくべき」と指摘した。 講演で示された、茂松会長の大阪府民への呼びかけの様子  大阪府では現在、新型コロナウイルス感染症の重症者が300人を超えているが、重症者用ベッドで稼働しているのは250床程度で、足りない分は中等症用ベッドで対応していると説明。5月の連休を見据え「今後の想定では427人が重症になる」として、ベッド確保を急いでいると報告した。  また、自宅・宿泊療養者が急変したが受け...