ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. コロナ対応「日本は対岸の火事に学ぶ姿勢が足りない」-東京慈恵会医科大教授の浦島充佳氏に聞く◆Vol.1

コロナ対応「日本は対岸の火事に学ぶ姿勢が足りない」-東京慈恵会医科大教授の浦島充佳氏に聞く◆Vol.1

インタビュー 2021年5月31日 (月)  聞き手・まとめ:高橋直純(m3.com編集部)、橋本佳子(m3.com編集長)

##タイトル コロナ対応「日本は対岸の火事に学ぶ姿勢が足りない」-浦島充佳・慈恵医大教授に聞く◆Vol.1 ##サブタイトル 『新型コロナ データで迫るその姿』を上梓 ##本文 東京慈恵会医科大教授の浦島充佳氏がこのほど『新型コロナ データで迫るその姿: エビデンスに基づき理解する』(化学同人)を上梓した。世界中のデータを駆使し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の「姿」に迫っていく本書。浦島氏に、本書の狙いや昨今のCOVID-19対応を巡る動きについてお聞きした(2021年5月14日にインタビュー。全2回の連載)。  新型コロナウイルス感染症のアウトブレイクからおよそ1年.この感染症との戦いが続くなか,さまざまなデータが出てきたことで,その特性が見えてきた.新型コロナが厄介である9つのポイント,死亡リスクが高くなる要因,何が世界の死亡率格差をもたらしているのか,感染拡大抑止に有効と思われるシンプルな方法,ワクチン開発と治療薬など,現時点で得られるデータを徹底的に分析し,新型コロナの全体像を描き出す.敵を知り己を知れば百戦殆うからず.エビデンスに基づき新型コロナを理解す...