ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 「感染症危機管理」に挑む、定員は10倍増に - 齋藤智也・感染研感染症危機管理研究センター長に聞く◆Vol.1

「感染症危機管理」に挑む、定員は10倍増に - 齋藤智也・感染研感染症危機管理研究センター長に聞く◆Vol.1

インタビュー 2021年6月9日 (水)  聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)

 感染症研究を総合的に行い、国の保健医療行政の科学的根拠を明らかにする役割を担う国立感染症研究所。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応では、ウイルス解析、各種検査体制の確立、サーベイラス、クラスター対策など、さまざまな役割を担ってきた。  同研究所の組織改編で2020年4月に発足したのが、感染症危機管理研究センター。政府の感染症対策強化の一環で、発足前は1桁だった定員が7675人と10倍に増員。同センターの初代センター長として、2021年1月から就任しているのが、齋藤智也氏(前国立保健医療科学院健康危機管理研究部部長)だ。COVID-19対応にも当初から携わってきた齋藤氏に、センターの狙いや役割、COVID-19対応をめぐる動きをお聞きした。...