ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 「かかりつけ患者以外にもワクチン接種開放を」河野氏

「かかりつけ患者以外にもワクチン接種開放を」河野氏

レポート 2021年9月7日 (火)  佐藤夕(m3.com編集部)

河野太郎行政改革担当大臣は9月7日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種をしている地域のクリニックについて、かかりつけの患者に限っているところがあると指摘し、接種を希望する患者に広く予約を開放してほしい、と述べた。 9月7日の会見で話す河野大臣 河野氏は、ワクチン接種はかかりつけの患者に限るというところがまだあるようだ、と指摘。「結果としてワクチンが供給されても予約が入っていないワクチンがかなり残っているかかりつけ医があることが分かってきたので、日ごろのかかりつけの患者さんのみならずワクチン接種を希望する一般の方に広く予約を開放していただきたい」と呼びかけた。また、かかりつけ患者の接種が進んだ場合はそれに応じてワクチン供給を減らし、残った分は集団接種会場に回すといった調整を地域の医師、医師会、自治体で行うことも必要だとした。 また、モデルナ社製のワクチンについて、接種会場によって予約に偏りがあったり、接種を終了する会場でワクチンに余りがあったりすると説明。最初に配送された会場からから同一都道府県内の会場に1回に限り移送ができる仕組みを発表した。河野氏は...