ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 小児科と耳鼻科の微妙な関係

小児科と耳鼻科の微妙な関係

オピニオン 2021年9月19日 (日)  松永正訓(松永クリニック小児科・小児外科 院長)

 開業してしばらくすると、徐々に来院患者が増えてきた。多くの保護者と話をしているうちに、あることに気がついた。それは、お母さん方が、子どもが風邪を引いたときに小児科を受診するか、耳鼻科へ行くか迷っているという現実だ。例えば、こんな風に。※前回の記事はこちら  「うちの子、風邪を引いてしまって…先生のところが休診だったので、耳鼻科へ行ってきました。こんなに薬が出て、これでいいのかな?って」  「先生、うちの子、慢性蓄膿症と言われて、もう1年以上耳鼻科に通っているんです。それも毎日のように。用事があって行けない日があると、耳鼻科の先生、ものすごく怒るんです」  などなど。  そうか。子どもが風邪を引いたら、親は子どもを耳鼻科に連れて行くのか! 全然知らなかった。そもそも、大学病院で小児外科医をやっていると、耳鼻科の先生とはまったく接点がない。いや、19年間で1度だけあった。  あれは、悪性ラブドイド腫瘍という極めて予後不良(ほぼ100%助からない)のがんが頸部に発生したお子さんに対して抗がん剤治療をしたときのことだ。腫瘍が小さくなり、根治術を検討した。そのときに相談をしたの...