ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 3回目接種後の有害事象は2回目接種後と同程度?

3回目接種後の有害事象は2回目接種後と同程度?

レポート 2021年9月10日 (金)  大西裕康(m3.com編集部)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)用ワクチンの3回目接種があった場合、有害事象(AE)2回目以上にはならないかもしれないーー。COVID-19用ワクチンに関するコホート研究の経過報告の内容に基づく見通しだ。同コホート調査で代表研究者を務める順天堂大学医学部臨床研究・治験センター臨床薬理学客員教授の伊藤澄信氏が9月10日、予防接種後の副反応情報などに基づき接種体制の安全性を評価する厚生科学審議会と薬事・食品衛生審議会の合同会議(座長=岡明・埼玉県立小児医療センター病院長)で見解を示した(資料は、厚労省のホームページ)。 伊藤氏は、「既感染を1回目として考えると、(COVID-19既感染者の)2回目接種後の状況は、(非感染者の)3回目接種後の状況をシミュレートできるかもしれないと期待している。3回目接種後のAEは2回目接種後以上にはならないかもしれない」との見方を示した。mRNA型のCOVID-19用ワクチンでは、1回目に比べ2回目の副反応が強い傾向にあるが、3回目はそれを上回るようなことはなさそうとの見方だ。 分析対象は武田/モデルナ製で、1回目と2回目接種後の日誌情報を収集...