m3.com トップ>学会レポート>第59回日本心臓病学会学術集会>パネルディスカッション

第59回日本心臓病学会学術集会 (2011年9月23日~25日)

パネルディスカッション

DMのJカーブ、薬は変わるか

インクレチンの臓器障害保護は臨床上意味ある?

2011年10月17日 星良孝(m3.com編集部)  カテゴリ:内分泌・代謝疾患・投薬に関わる問題

DMのJカーブ、薬は変わるか

 佐賀大学循環器内科の野出孝一氏は9月23日のパネルディスカッションで講演し、血糖を過度に下げるとイベント抑制効果がなくなる「Jカーブ」が懸念されると現状を説明。低血糖の回避にインクレチン製剤の活用は有効になると作用の仕方に基づいて解説した。  その上で、野出氏は、Prologue研究で、インクレチン製剤の処方による心血管イベントの抑制効果、IMT(頸動脈内膜中膜複合体肥厚)の抑制効果を検証していると自らの研究内容を報告した。 強化療法は避けるべきか  野... 続きを読む