m3.com トップ > 臨床ニュース > 原発事故を受け、妊婦や患者らに注意事項を提示

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

原発事故を受け、妊婦や患者らに注意事項を提示 「Q&A」形式で解説、放射線用語の内容も説明

日本核医学会は4月2日までに、東京電力福島第一原子力発電所の事故で放射性物質の流出が起きている問題を受けて、ホームページ上で、被災者(特に子どもを持つ被災者)や妊婦、甲状腺疾患の患者らへ向け、継続的な注意事項の情報提供を行っている。放射性物質の影響について想定される疑問に対し、Q&A形式で解説を加え、現状の放射性物質の量をどう判断するかなど、核医学専門医師の立場から説明している。また、放射線に関係する専門用語についても簡易な解説を掲載している。【関連リンク】妊娠中のお母さん、授乳中のお母さん、将...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞