m3.com トップ > 臨床ニュース > 専用ウェブサイトで、被災地派遣の医師を募集

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

専用ウェブサイトで、被災地派遣の医師を募集 前沢政次理事長らが「東日本大震災支援プロジェクト PCAT」を推進

日本プライマリ・ケア連合学会は4月4日までに専用ウェブサイトを開設、被災地での医療支援を希望する学会員に対して派遣プランを示した上で、受付窓口を置いて派遣医師を募集している。同学会は「東日本大震災支援プロジェクトPCAT(PrimaryCareforAllTeam)」として、前沢政次理事長が支援活動リストを発表、リストで示した「被災地への診療応援が可能な医療チーム派遣」の方針に則り、医療支援のバックアップを推進している。【関連リンク】東日本大震災被災地ならびに被災された方々への支援について日本プ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞