m3.com トップ > 臨床ニュース > 血液疾患患者など受入施設を随時更新

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

血液疾患患者など受入施設を随時更新 血液内科や小児科の連絡先、空床情報、対応可能の内容を閲覧可能に

2011年4月14日 日本血液学会  カテゴリ: 血液疾患救急

日本血液学会は4月7日までに、東日本大震災の被災地で診療を続けている医師らに対し、血液疾患患者や癌化学療法を必要とする患者を受け入れることが可能な医療機関のリストを取りまとめ、随時更新している。血液内科や小児科を中心に、全国にわたり多数の機関が登録しており、その連絡先や空床情報、対応可能な内容などが明記されている。窓口として、「被災地関連情報メールアドレス(hemshinryo@jshem.or.jp)」を用意している。【関連リンク】日本血液学会ホームページ

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞