m3.com トップ > 臨床ニュース > 外科的対応が必要な患児などを受入可能な医療機関を公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

外科的対応が必要な患児などを受入可能な医療機関を公表 厚生労働省の要請に応え、施設名・受入期間などのリストをまとめる

2011年4月14日 日本小児外科学会  カテゴリ: 小児科疾患一般外科疾患救急

日本小児外科学会は4月8日、東日本大震災の影響で十分な治療が受けられない小児、特に小児外科領域の患児の受入が可能な医療機関をまとめ、公表した。厚生労働省医政局指導課からの要請を受けて、問い合わせにより認定施設・教育関連施設の状況を集約、一覧にした。リストには38機関の名称が、連絡先や受入期間、対応可能な疾患などと共に掲載されている。【関連リンク】転院希望患者の受け入れ窓口情報について

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞