m3.com トップ > 臨床ニュース > 血友病等治療製剤の入手可能施設リストを公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

血友病等治療製剤の入手可能施設リストを公表 岩手、宮城、福島三県において取り扱い可能性のある施設を紹介

日本血栓止血学会は4月22日に、東日本大震災を受けて、岩手、宮城、福島三県において血友病等治療製剤を入手できる可能性のある施設の連絡先を紹介している。対象としているのは、血友病A治療製剤、血友病B治療製剤、インヒビター治療製剤、フォンヴィレブランド病治療製剤。利用に当たっては、他にも取り扱いのある施設がある可能性もあること、事前に在庫の有無や製剤規格などを確認することを呼びかけている。【関連リンク】岩手、宮城、福島三県における血友病等治療製剤の入手可能施設リスト

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞