m3.com トップ > 臨床ニュース > AEDを被災地に無料貸出

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

AEDを被災地に無料貸出 ストレスを抱える被災者へ、救急時の備えを

2011年4月27日 日本循環器学会  カテゴリ: 循環器疾患救急

日本循環器学会は4月21日に、避難所へのAED(自動体外式除細動器)無料貸出支援を開始したと発表した。避難所で暮らす被災者は大きなストレスを抱え、それが心臓突然死のリスクになるとして、日本心臓財団の協力を得て実現したもの。AEDを200台用意し、使用事例の報告義務や避難所閉鎖時の返却などを条件に、医師が設置の必要性を認め、申請すれば貸し出すという。所定の申請書のメール(aed@jhf.or.jp)またはファクス(03-3213-3920)送信で受け付けている。【関連リンク】避難所へのAED(自動...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞