m3.com トップ > 臨床ニュース > イレッサ訴訟に関連して声明を発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

イレッサ訴訟に関連して声明を発表 新薬の開発と承認などで「国民の理解を深めたい」

2011年5月6日 日本臨床薬理学会  カテゴリ: 投薬に関わる問題

日本臨床薬理学会の景山茂理事長は5月1日に、肺癌治療薬イレッサに関して患者と遺族が国と製薬企業に損害賠償を求めたことを受けて、声明を発表した。ドラッグラグの問題がある一方で、イレッサのように他国に先行して承認された場合は、いち早く薬の恩恵に浴するとともに副作用にさらされる可能性がある。治験に求める確実性や発売直後の薬の使用法などについては様々な考え方があり、新薬の開発と承認および市販後の適正使用のあり方について国民的な理解を深めるよう努めたいという。【関連リンク】イレッサ訴訟を契機に薬の有効性と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞