m3.com トップ > 臨床ニュース > 集中治療における看護の倫理指針を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

集中治療における看護の倫理指針を公開 終末期患者の家族への看護ケアのあり方も示す

2011年6月7日 日本集中治療医学会  カテゴリ: その他

日本集中治療医学会は、当学会の倫理委員会および看護部会倫理ワーキンググループが作成し、5月26日に制定した「集中治療に携わる看護師の倫理綱領」「集中治療領域における終末期患者家族のこころのケア指針」を6月6日にホームページ上で公開した。前者は、集中治療領域の看護の実践における倫理上の基本的指針。後者は、集中治療中の終末期患者の家族が悲嘆を十分に表出して満足のいく意思決定や看取りをできるよう、医療者がいかに精神的なケアをすべきか示した指針となっている。【関連リンク】集中治療に携わる看護師の倫理綱領...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞