m3.com トップ > 臨床ニュース > リンパ浮腫治療の標準示す

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

リンパ浮腫治療の標準示す エビデンスの有無や用語統一など、周知を図る

2011年6月29日 日本血管外科学会  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患

日本血管外科学会は6月24日、ホームページに「リンパ浮腫研修委員会における合意事項」を掲載した。標準的なリンパ浮腫治療を確立するため、リンパ浮腫の予防や治療、用語の統一に関する合意事項を示している。リンパドレナージ、弾性ストッキングやスリーブ、シンプルリンパドレナージに関するエビデンスの有無や、日常生活指導の重要性、薬物療法の考え方などに言及している。厚生労働省委託事業・がんのリハビリテーション研修委員会のリンパ浮腫研修委員会からの広報依頼に応じたもの。【関連リンク】リンパ浮腫研修委員会における...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞