m3.com トップ > 臨床ニュース > 「日本で国際学会を」理事長が寄稿

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「日本で国際学会を」理事長が寄稿 客観的事実に基づき日本の状況を説明、風評懸念を払拭

日本血栓止血学会は6月30日、国際学会の日本開催を巡って、池田康夫理事長による寄稿文が読売新聞(「論点」6月29日付)に掲載されたことを報告した。東日本大震災および福島第一原子力発電所事故を受け、海外の理事から日本での第23回国際血栓止血学会の開催を危ぶむ声が寄せられたと文中で紹介。客観的事実に基づいて日本の状況や安全性を説明し、理解を得て予定通りの開催となった経緯を綴っている。当学会は7月23日から28日に京都国際会館で行われる。【関連リンク】第23回国際血栓止血学会開催の意義

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞