m3.com トップ > 臨床ニュース > 甲状腺ホルモン薬、処方制限を延長

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

甲状腺ホルモン薬、処方制限を延長 短期間に処方が集中しないよう、引き続き協力を要請

内分泌関連の5学会は7月7日、レボチロキシンナトリウム製剤に関する続報を発表した。あすか製薬およびサンド株式会社の在庫は約2.2カ月分。家庭内在庫と流通在庫は増加と推測し、処方の日数制限の上限日数をさらに長く設定できると判断した。当面の対応としては、短期間に処方が集中しないよう、90日までの処方、入手可能な種類の処方、粉砕や錠剤分割などの協力を求めている。長期処方自粛の解除については、厚生労働省が他の薬剤の状況も含め総合的に判断し、通知する予定。【関連リンク】甲状腺ホルモン薬供給再開への取組等に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞