m3.com トップ > 臨床ニュース > 「茶のしずく」問題で委員会設置

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「茶のしずく」問題で委員会設置 日本アレルギー学会で抗原解析、治療法の開発、予防など検討を開始

日本アレルギー学会は、小麦加水分解物含有石鹸「茶のしずく石鹸」による小麦関連アレルギー発症多発を受け、8月9日に特別委員会の議事報告書をホームページ上で公表した。当委員会は、「化粧品中のタンパク加水分解物の安全性に関する特別委員会」(委員長:松永佳世子)で、第1回会合は7月17日に開催された。当石鹸の障害実態の把握、正確な情報提供、抗原解析、治療法の開発、診療可能施設の選定、今後の発生防止のため、調査や研究などを進める。当石鹸は3回、成分を変更。小麦関連アレルギーの原因と見られる最初の製品は20...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞