m3.com トップ > 臨床ニュース > 分娩時の脳性麻痺、予防策示す

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

分娩時の脳性麻痺、予防策示す 新生児蘇生、胎児心拍数聴取などにつき提言、周知を図る

日本周産期・新生児医学会は8月29日、日本医療機能評価機構の産科医療補償制度再発防止委員会(委員長:池ノ上克)による第1回の報告書をホームページ上に掲載した。「分娩に関連して発症した重度脳性麻痺」として当制度で補償対象となった15事例を分析し、「今後の再発防止と産科医療の質の向上を図るための資料としてまとめた」と説明している。「分娩中の胎児心拍数聴取」「新生児蘇生」「子宮収縮薬」「臍帯脱出」の4テーマに焦点を絞り、再発防止委員会からの提言も示し、内容周知のため、当提言を簡潔にまとめた掲示用資料も...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞