m3.com トップ > 臨床ニュース > 甲府病院の過剰被曝受け、声明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

甲府病院の過剰被曝受け、声明 日本核医学会の玉木長良理事長、核医学検査の安全性や有用性を訴える

日本核医学会の玉木長良理事長は9月1日、甲府病院の放射性医薬品過剰投与が明らかになったことを受け、声明を発表した。「本件の検査適応は適切で、より少ない被曝線量で施行できた。にもかかわらず、過剰投与が繰り返されたことは、医療機関の管理・運営体制の問題だ」と指摘、遺憾の意を表した。学会からは病院の要請に応じて、専門家を派遣、原因や管理体制を調査するなど、再発防止の改善策を提案している。放射性医薬品の副作用発生率は10万件あたり1.1件と極めて少なく、核医学検査は一般的に安全で、本件は極めて例外的であ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞