m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児癌経験者の診察医に指針

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児癌経験者の診察医に指針 成長に影響を与える内分泌合併症への初期対応をまとめる

日本小児内分泌学会は9月26日、「小児がん経験者(CCS)のための医師向けフォローアップガイド」を公開した。20歳から39歳の成人で見た場合、約700人に1人がCCSといわれており、今でも合併症を有する人も多い。特に内分泌合併症は最も頻度が高く、体の成長や思春期の性機能発達など一生にわたって影響を与える場合が多い。このガイドは、小児癌患者やCCSにかかわる医師が、適切に急性期および晩期の内分泌合併症に初期対応できるよう、学会CCS委員会が作成した。9項目の内分泌合併症を挙げ、「概要」「臨床像」「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞