m3.com トップ > 臨床ニュース > ボリノスタットで緊急告知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ボリノスタットで緊急告知 皮膚T細胞性リンパ腫の治療薬、指針発表に先立ち情報提供

2011年10月26日 日本皮膚科学会  カテゴリ: 皮膚疾患

日本皮膚科学会皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン作成委員会は10月25日、ボリノスタットの適正・安全使用に関する緊急告知文をホームページに公開した。ボリノスタット(商品名:ゾリンザ)はヒストン脱アセチル化酵素阻害薬で、皮膚T細胞性リンパ腫の治療薬として2011年9月に保険適用を受けたが、いまだに10人程度の使用実績しかない。当学会で使用指針を検討中だが、患者が不利益を被らないために、速やかな情報提供が必要と考え、臨床試験に参加した医師らによる情報を公開した。【関連リンク】ボリノスタット(ゾリンザTM)...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞