m3.com トップ > 臨床ニュース > 「PSA否定の米勧告」適用できない

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「PSA否定の米勧告」適用できない 米国予防医学作業部会の勧告受け、「単純に日本に適用できない」

2011年10月28日 日本泌尿器科学会  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患

日本泌尿器科学会は10月25日、米国予防医学作業部会の「前立腺癌検診に関する勧告」(案:10月7日付け)発表を受け、見解を示した。勧告では疫学・公衆衛生学の専門家が「前立腺癌を疑う症状のない場合、年齢を問わず、PSAを用いた前立腺癌検診を行わない」と勧めた。日本泌尿器科学会は「米国泌尿器科学会や米国癌学会の意見は異なり、米国と日本の社会的背景は違う。今回の勧告を単純に日本に適用することは適切ではない」と見解を示した。今後、勧告の内容を吟味する考えだ。【関連リンク】米国予防医学作業部会からの勧告に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞