m3.com トップ > 臨床ニュース > 妊産婦死亡、不毛な訴訟は回避

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

妊産婦死亡、不毛な訴訟は回避 「妊産婦死亡剖検マニュアル」を改めて紹介、全例剖検を目指す

日本周産期・新生児医学会は10月27日、ホームページ上で「妊産婦死亡剖検マニュアル」を公開した。妊産婦死亡に関する認識は、一般者と医療者間のギャップが大きく、訴訟に発展しやすいと指摘。現状では半数程度にとどまる剖検率の引き上げを目指す。判事の関与や不自然死、異常死を対象とした法医解剖ではなく、あくまで死因の究明を目的とした病理解剖として施行。結果を医療の改善につなげて、本来ならば避けられたはずの不毛な医事紛争の防止につなげようとしている。妊産婦死亡に対する剖検マニュアル委員会(委員長:金山尚裕氏...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞