m3.com トップ > 臨床ニュース > 甲状腺ホルモン不応症の解説

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

甲状腺ホルモン不応症の解説 難病情報センターが医療者向けの解説とQ&Aを更新

2011年11月4日 難病情報センター  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患

難病情報センターは11月1日、「甲状腺ホルモン不応症」に関する医療従事者向け解説と、よくある質問と回答を更新した。この疾患は、「T3作用機構上の何らかの異常により組織の甲状腺ホルモンに対する反応性が減弱し、不適切TSH(甲状腺刺激ホルモン)分泌症候群(SITSH)を示す症候群」と定義されている。確立された診断基準はないが、甲状腺機能低下症や亢進症で遊離チロキシン(FT4)とTSHの解離がある症例では、この疾患の合併の可能性がある。別名「レフェトフ症候群」。【関連リンク】甲状腺ホルモン不応症(医療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞