m3.com トップ > 臨床ニュース > 実験時の放射線防護で提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

実験時の放射線防護で提言 日本核医学会が、放射線を利用する研究での防護体制につき基本事項を示す

2011年11月4日 日本核医学会  カテゴリ: 検査に関わる問題その他

日本核医学会放射線防護委員会は10月28日、「生物医学研究志願者の放射線防護に関する提言」をホームページ上で公開し、臨床研究で放射線を利用する際の防護体制を整備するための基本的な事項を示した。「対象となる研究」「倫理」「研究参加条件」「被ばく線量管理」「説明・同意」「教育」などの注意点に触れている。具体的な運用については、臨床研究ごとに実施マニュアルを定めるといった個別対応も求めている。【関連リンク】生物医学研究志願者の放射線防護に関する提言

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞