m3.com トップ > 臨床ニュース > 新型fluワクチン製造ガイド

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新型fluワクチン製造ガイド 新型インフルエンザの流行に備え、ワクチン製造のガイドラインを策定

日本ウイルス学会は11月10日、厚生労働省が「パンデミックインフルエンザに備えたプロトタイプワクチンの開発等に関するガイドライン」を策定したことを報告した。「新型インフルエンザ対策行動計画」では、新型の発生後、ウイルス株が決定されてから6カ月以内に国が全国民分のワクチンを製造することを目指している。安全性を確認するため、あらかじめモデルとなるウイルスで「プロトタイプワクチン」を作成して準備し、新型発生後は迅速に「パンデミックワクチン」を製造する体制を整える。当ガイドラインでは、品質のほか、発症予...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞