m3.com トップ > 臨床ニュース > 甲府の過剰投与受け緊急調査

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

甲府の過剰投与受け緊急調査 日本核医学会と日本核医学技術学会が核医学検査の実態を調査

2011年11月28日 日本核医学会  カテゴリ: 小児科疾患検査に関わる問題その他

日本核医学会理事長の井上登美夫氏と、日本核医学技術学会理事長の渡邉浩氏は11月26日、核医学検査の実態調査の中間結果をホームページ上で報告した。市立甲府病院における放射性医薬品過剰投与の問題を受け実施した。学会から1284施設に調査票を送付したところ、1189施設が回答。回答率は93%に達した。1年間の検査件数は1500件未満の範囲に入る施設が全体の約7割を占めた。人員配置は、週40時間労働を基準とすると、核医学医は3人未満が79%と最も多くなるほか、診療放射線技師もほぼ100%の施設で配置され...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞