m3.com トップ > 臨床ニュース > 進化する「中心静脈穿刺」【臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

進化する「中心静脈穿刺」【臨床道場】 「セルジンガー式でエコーガイド下穿刺」が当たり前の時代へ

2011年12月13日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

中心静脈穿刺は、医師にとって必須のスキルだが、合併症リスクの不安が付きまとう。時代の移り変わりとともに、エコーやセルジンガー式器具の登場などで手技や常識も変わる。「必ず上手くなる!中心静脈穿刺」の執筆者で知られる森脇龍太郎氏に、今、求められるエッセンスを聞いた。(聞き手・まとめ:山田留奈、m3.com編集部)森脇龍太郎(もりわき・りゅうたろう)氏千葉労災病院救急・集中治療部部長1984年に東京医科歯科大学を卒業。同大学第三内科などで循環器疾患を中心とした内科救急に従事。1995年に異動した埼玉医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞