m3.com トップ > 臨床ニュース > 分子イメージングのPET薬基準

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

分子イメージングのPET薬基準 PET 薬剤を臨床研究で用いる際の製造法、安全性、臨床評価の基準

2011年12月15日 日本核医学会  カテゴリ: 検査に関わる問題その他

日本核医学会は12月13日、分子イメージング戦略会議(議長:井上登美夫氏)が作成した「分子イメージング臨床研究に用いるPET薬剤についての基準」を発表、資料をホームページに掲載した。PET薬剤を臨床研究で用いる際の製造法、安全性、臨床評価の基準を示している。PETは非侵襲的に生体内の薬物分布などを可視化でき、放射線被曝のリスクの大きさもほとんど問題にならない。適切な管理体制や技術評価の枠組みがない点では問題視されていた。今回基準を設けることで、分子イメージング技術の普及を推進し、学会員をはじめと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞