m3.com トップ > 臨床ニュース > アルツハイマー新治療の糸口

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アルツハイマー新治療の糸口 カルパインがアミロイド蓄積や神経細胞死を促進

放射線医学総合研究所は12月15日、分子イメージング研究センターの樋口真人氏らと、理化学研究所脳科学総合研究センターの西道隆臣氏らの共同研究で、酵素「カルパイン」がアルツハイマー病の発症を促す仕組みを発見、新しい治療法や評価法開発の糸口になると報告した。アミロイド蓄積により神経細胞死が起こるというアルツハイマー病発症の過程で、神経細胞中にカルシウムの増加が生じる。今回、カルシウム増加に反応して活性化するカルパインが、アミロイド蓄積や神経細胞の傷害を促進することを明らかにした。将来、カルパインの阻...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞