m3.com トップ > 臨床ニュース > 外科医の7割が過労死基準

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

外科医の7割が過労死基準 変わらぬ激務、大病院で待遇改善の動きも

2011年12月26日 日本外科学会  カテゴリ: 一般外科疾患その他

日本外科学会の里見進理事長と外科医労働環境改善委員会の富永隆治委員長は12月21日、外科医の労働環境に関するアンケート結果報告書をホームページに掲載した。2010年の診療報酬改定で手術手技料が増額されたことを受け、2011年3月に学会員を対象とした労働環境の調査を行った。2007年以来、2回目の調査となる。さらに今回は、病院長を含めた施設に対する調査も加えられ、手術手技料の増額が病院の増収に結び付いたか、増収分を勤務医の労働環境の改善に費したかも尋ねた。里見氏らは、本報告書によって外科医の労働環...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞