m3.com トップ > 臨床ニュース > 学会が「二重投稿」に注意

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

学会が「二重投稿」に注意 同じ内容を他言語に訳し分けただけの論文投稿には問題あり

2012年1月11日 日本核医学会  カテゴリ: その他

日本核医学会は1月5日、二重投稿・出版に関する学会の方針を示し、「科学論文の重複発表は原則として許容されない」と学会員らに注意を喚起した。編集委員会は、出版の二重性を「すでに印刷物あるいは電子媒体として出版された論文と本質的に重複するもの」と定義。具体的には、既発表論文に症例数を微増させたようなわずかな相違しかない場合のほか、同じ研究データの一部を用いて複数の論文を作成した場合、言語を変更しただけで同じ内容の場合には二重投稿とみなす。学会が二重投稿と判断した場合、全著者に共同責任を認めて、対応措...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞