m3.com トップ > 臨床ニュース > 手術の練習に遺体を使いたい

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

手術の練習に遺体を使いたい 解剖に加え、手術手技研修での遺体使用の「社会的正当性」を確保

日本外科学会理事長の里見進氏とガイドライン検討委員会委員長の近藤丘氏は2月2日、「臨床医学の教育及び研究における死体解剖のガイドライン」(案)をホームページ上で公開し、パブリックコメントを募集している。3月5日までメールで受け付けている。現在も、死体解剖保存法の下、遺体を用いた解剖学実習を医学教育で広く実施している。これに加え、学会は手術手技の訓練にも遺体を用いる道を作るべく、日本解剖学会や厚生労働省の協力を得て、このたびガイドライン案を策定した。ガイドラインでは、日本の現行法の範囲内で、医師や...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞