m3.com トップ > 臨床ニュース > pNETへのエベロリムス慎重に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

pNETへのエベロリムス慎重に 膵神経内分泌腫瘍に適応拡大、投与時の注意点を学会が報告

2012年2月7日 日本膵臓学会  カテゴリ: 消化器疾患内分泌・代謝疾患

日本膵臓学会の田中雅夫理事長は2月6日、抗癌薬のエベロリムス(商品名:アフィニトール錠5mg)を安全に使用するため、既に公表されている厚生労働省からの通知や製造販売元ノバルティスからの協力要請に注意するよう呼びかけた。エベロリムスは哺乳類ラパマイシン標的たんぱく質(mTOR)を阻害する作用を持ち、「膵神経内分泌腫瘍(pNET)」に対する効能、効果の追加が昨年12月に承認されたばかり。注意点として指摘されているのは以下の通り。(1)要件を満たした施設および医師のもとで投与。(2)適正使用ガイドの投...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞