m3.com トップ > 臨床ニュース > 内科学会が専門医研修を改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

内科学会が専門医研修を改訂 新たに「総合内科」を設け、項目の重み付けを明記して大改訂

2012年2月16日 日本内科学会  カテゴリ: 一般内科疾患その他

日本内科学会は2月14日、「認定内科医」「総合内科専門医」取得のための研修カリキュラムを大幅に改訂した「研修カリキュラム2011」をホームページ上で公開した。従来、研修カリキュラムは資格認定試験の出題範囲を示す意味合いが強く、実用性が乏しいという課題があった。作成委員長の栗山勝氏は改訂の特徴として3つを挙げた。(1)研修項目の羅列にとどまらず、「研修のポイント」と「到達目標」を詳細に示した。(2)研修を行う際に指針として利用されるように工夫した。(3)研修項目の領域分野として「総合内科」を新設、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞