m3.com トップ > 臨床ニュース > 前立腺癌リスク、SNPで1.2倍に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

前立腺癌リスク、SNPで1.2倍に SNPの1つはビタミンK依存性酵素GGCX遺伝子に関連

2012年2月28日 理化学研究所  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患その他

理化学研究所は2月27日、日本人と日系米国人を対象に前立腺癌に関連する一塩基多型(SNP)を解析し、新たに4つのSNPを発見したと報告した。このSNPを1つ持つごとに前立腺癌の発症リスクが1.15倍から1.2倍に上昇。また、SNPの1つはビタミンKを補酵素とする酵素GGCX(γ-カルボキシラーゼ)の発現に関わる遺伝子の一部だった。ゲノム医科学研究センターバイオマーカー探索・開発チームの中川英刀氏、京都大学や東京慈恵会医科大学など国内大学、南カリフォルニア大学、ハワイ大学といった米国の大学などで構...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞