m3.com トップ > 臨床ニュース > 微妙な気分変化を測定「KOKORO」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

微妙な気分変化を測定「KOKORO」 理研が気分を定量測定するマトリクス開発、震災前後の感情変化を測定

理化学研究所は3月1日、気分測定システム「KOKOROスケール」を開発したと発表した。分子イメージング科学研究センター細胞機能イメージング研究チームの片岡洋祐氏と大阪産業創造館の共同研究による成果。KOKOROスケールは、「安心感」と「不安感」を横軸、「ワクワク感」と「イライラ感」を縦軸とした4象限マトリクスから成る。中心点を0として縦横に-100から100までの目盛りが振られている。被験者にその時の気分を直観的に点や線で書き込んでもらい、微妙な感覚の差を簡単に数値化する。研究グループは、東京在...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞