m3.com トップ > 臨床ニュース > AED設置場所の標識、発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

AED設置場所の標識、発表 AEDの設置場所まで誘導する標識、日本循環器学会が作成

2012年3月8日 日本循環器学会  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患救急

日本循環器学会AED検討委員会の三田村秀雄委員長は3月6日、自動体外式除細動器(AED)の設置場所を知らせる標識を作成、このたび発表した。標識は、3mから20mまでの72パターンを用意。近くにAEDが設置されているのを知らせられるようにした。標識には大きく矢印をデザインし、「AED」「おちついて、こちらです」「この先3m」といった文字を付けている。進む方向を示す矢印は上下左右の4種類あり、これに距離表記を組み合わせている。学会は、注意点として、方角や距離の表示を間違えないよう掲示し、AED自体が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞