m3.com トップ > 臨床ニュース > 「抗血栓薬服用で内視鏡」に指針

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「抗血栓薬服用で内視鏡」に指針 血栓塞栓症に着目した消化器内視鏡診療ガイドライン案

日本消化器内視鏡学会の上西紀夫理事長、ガイドライン委員会の一瀬雅夫担当役員と松井敏幸委員長は3月13日、「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」の草稿をホームページに公開した。日本循環器学会、日本神経学会、日本脳卒中学会、日本血栓止血学会、日本糖尿病学会と合同で作成したもの。学会員に向けパブリックコメントを募集している。内視鏡検査や治療を行う際の抗血栓薬は悩ましい問題だ。抗血栓薬を服用している患者は、検査や治療に伴って出血を起こしやすい。かといって休薬させると、今度は血栓が生じやす...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞