m3.com トップ > 臨床ニュース > 新規の血糖抑制たんぱく発見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新規の血糖抑制たんぱく発見 肝臓で血糖値を高める「CITED2」、抑制で高血糖を改善

国立国際医療研究センターの松本道宏氏(糖尿病研究センター分子代謝制御研究部)らの研究グループは、このたび肝臓でのブドウ糖産生を調節するたんぱく質を世界に先駆けて発見。3月19日、国立国際医療研究センターが発表した。松本氏らが着目したのは、「CITED2」と呼ばれるたんぱく質。これまで胎児発育や造血に必須のたんぱく質と考えられていた。代謝調節における役割は不明だった。このたび松本氏らは、CITED2が血糖値を高める機能を持つと発見した。空腹時に膵臓からグルカゴンが分泌されると、PGC-1αというた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞