m3.com トップ > 臨床ニュース > 日本人のRA遺伝子、全容解明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日本人のRA遺伝子、全容解明 日本人4万7926人を対象にメタ解析、新たに9つの遺伝子領域を発見

理化学研究所は3月26日、日本人の関節リウマチ(RA)に関する3つのゲノムワイド関連解析についてメタ解析を行い、発症に関わる9つの新たな遺伝子領域を発見したと報告した。また、既存の36遺伝子領域も含め再評価を行ったところ、23領域が日本人のRA発症に関与し、うち15領域が欧米人と共通であることを突き止めた。ゲノム医科学研究センター自己免疫疾患研究チームの高地雄太氏ら、国際共同研究チームによる成果。今回新たに発見されたのは、「B3GNT2」「ANXA3」「CSF2」「CD83」「NFKBIE」「A...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞