m3.com トップ > 臨床ニュース > 再発・難治ATLの希少薬を承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

再発・難治ATLの希少薬を承認 オーファンドラッグのモガムリズマブが上市へ

2012年4月4日 医薬基盤研究所  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

医薬基盤研究所は3月30日、希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)である「モガムリズマブ」(商品名ポテリジオ点滴静注20mg)が、3月30日に薬事法の製造販売承認を受けたことを報告した。モガムリズマブの適応症は、再発または難治性のCCケモカイン受容体4陽性の成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)。mLSG15療法といった他の化学療法には反応しない、もしくは再発した患者が対象となる。また、ATL診断後の初回治療で、mLSG15療法との併用薬としての開発も進んでいる。製造元は協和発酵キリン。同社としては...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞